猪苗代湖

Language

お知らせ

2021年01月01日(金) 『乾燥ヒシの実』道の駅猪苗代で販売開始‼

 一般的には捨てられてしまう「ヒシの実」。
 そんな「ヒシの実」を、猪苗代町地域おこし協力隊の長友海夢さんが、猪苗代湖の水質保全活動の啓発の一環として商品化を進めてきました。
 この度、猪苗代町の道の駅において、商品化された猪苗代湖産「乾燥ヒシの実」が販売されることになりました。

■販売場所
 道の駅猪苗代(福島県耶麻郡猪苗代町大字堅田字五百苅1)

■販売期間
 令和3年1月1日(金)から令和3年1月30日(土)まで
■販売数量
 50袋(限定販売)※無くなり次第終了です。

【ヒシとは?】
 猪苗代湖に生息する水草の一種で、枯れると腐敗し湖に溜まることから水質悪化の一因とされています。その水草から取れる実を「ヒシの実」と呼び、放置しておくと翌年、更にヒシが増えることになります。
 ヒシの実は殻を割ると栗のような実が取れることから、ひと昔前までは食用として知られていましたが、現在ではヒシの実の存在すら知らない人が増えているのではないでしょうか。

ページ先頭へ

Copyright (C) 2015 Koriyama City. All Rights Reserved. 禁無断転載